ナンパ地蔵は克服しないでいい。100人斬りを可能にする出会いの場

「ナンパしようとするけど緊張して声を掛けられない」
「何を話せばいいか分からず時間だけが過ぎてしまう」
「周りの目が気になって、声を掛けられない」

このように、ナンパをしようとしたけど、声を掛けられずに立ち尽くす状態を地蔵と呼ぶ。

「ナンパ地蔵を克服しなければ…」
と思っているかもしれないが、それは間違っている。

ナンパ地蔵は克服しないでいいのだ。
そもそも君がナンパをしようとしたきっかけは何?

「いろんな女とやりたい」以外に理由はないだろう。そのためには出会いの数を圧倒的に増やす必要がある。だからナンパを始めた。この思考は正しい。

でも君は視野が狭くなっている。ストリートやクラブだけがナンパの場ではない。現代はネットナンパという便利なツールがあるではないか。これを利用しない手はない。

「ネットにいる女なんてどうせブスでしょ?」
どうやら君は視野が狭くなってしまう癖があるようだ。

物心がついた時からインターネットが身近にある年代の人達をデジタルネイティブ世代と呼ぶ。彼女たちからするとネットで知り合うのは普通のこと。昔のようにリアルで相手にされないから、出会い系サイトに走るという女ばかりではないのだ。

これはネトナン師たちの即(初めて会った日にセックスすること)ツイートの一部。顔がはっきり写っているわけではないが、かわいい子であることが分かる。

出会い系サイトにかわいい子が普通にいる時代。ネトナンなら、ちょっとした空き時間で女に声掛け(メッセージやいいねを送る)ができる。体力を消費することもないし、神経をすり減らす心配もない。

効率良く、女と出会い、セックスできる最強ツールが「出会い系サイト」なのだ。

ネトナン師が使っているサービス

絶対にナンパ地蔵しない方法

ストナンやクラナンをやめる。
これが絶対にナンパ地蔵にならない方法である。

「は?ふざけてんのか?」
という心の声が聞こえてきそうだが、ちょっと待ってほしい。

ナンパの目的はセックスをすること。ストリートやクラブに拘る必要はないのだ。冒頭にも書いたが、ネットにもかわいい子がいる時代。ネトナンの方が楽だし簡単。やらない理由はないだろう。

ネトナン師が使っているサービス

ナンパ地蔵は克服しないでいい

君はネトナンを知っているか?

ネットナンパ(通称:ネトナン)はインターネット上でナンパをすること。主な場所は、出会い系サイトやマッチングアプリである。慣れてきたら、TwitterやInstagramなどのSNSを使ってナンパすることも可能だ。

ネトナンなら出会いの数はナンパ同様に無限。特に出会い系サイトやマッチングアプリにいる女子は、全員出会いを求めている。圧倒的にアポがとりやすい。

ネトナンで結果を出している人達

ネトナンで成果を出している人は、元非モテも多い。ネトナンで結果を出して自信をつけ、モテ男に成長していったのだ。

何を隠そう、筆者も元非モテ。ナンパをする勇気はなかったので、ネットナンパをしまくった。

最初は上手くいかないことも多いが、諦めずに続けていると、成果が出始める。結果が出ると自信がつくので、さらに良い結果が生まるのだ。今はセックスに困らない生活を手に入れている。

ナンパを始めた目的は何?

「いろんな女とセックスしたいから」
ナンパをする理由はこれしかない。

いろんな女とエッチするには出会いの数を圧倒的に増やす必要があり、通常の出会いではまったく足りない。

出会いの数を無限にするにはナンパをするしかないのだが、ストナンやクラナンに拘る必要はない。

ネトナンで結果を出して、自信をつけ、ストナンに移行したナンパ師も多い。ストナンに疲れたり、年をとってネトナンに移った人もいる。ネトナンは成果が出やすので、自信が出てきたら、ストナンやクラナンをするでも遅くない。

「セックスしたいなら、ネトナンをせよ」
現代における最強のナンパ法は、出会い系サイトやマッチングアプリなのだ。

100人斬り達成の最短ルート

ナンパを始めた男なら、100人斬りを達成したいという目標があるだろう。

ネトナン師のツイートを見ると分かる通り、皆100人斬りを達成している。地蔵に悩む心配もない。出会いを求めている女ばかりなので、結果がすぐに出る。100人斬りをする最短ルートは、ネトナンで間違いない。

ネトナン師が使っているサービス

ナンパで地蔵するならネトナンをしよう

具体的なネトナンのステップを解説しよう。

1.出会い系サイトに登録する

ネトナンに使う主なツールは、出会い系サイトとマッチングアプリがあるが、まずは出会い系サイトを使うことをオススメしたい。

マッチングアプリには婚活や恋活をしている女子も含まれるが、出会い系サイトは、友達探しや暇つぶしの女の子が多いからだ。

友達探しや暇つぶしをしている女子の本音は、「人恋しい」「寂しい」である。圧倒的にセックスしやすい。

ストナン、クラナン、ネトナンに共通するコツは自信をつけること。そのためには結果を出す必要がある。出会い系サイトが最も結果を出しやすい。

ネトナン師が使っているサービス

2.ターゲットを絞る

出会い系サイトには、業者や援助目的のユーザーが紛れ込んでいる。見抜くコツは簡単。エロい内容がプロフィールに書いてあったり、掲示板にエロい内容の書き込みをしていたり、メッセージでエロいことを言ってきたら、一般人じゃないと思って良い。

女はセックスしたいと思っていても、それを表に出すことはまずない。表向きは、暇つぶしや友達探しを目的にしているのだ。

3.声掛けする(メッセージを送る)

ネトナンにおいて、声掛けとは、メッセージを送ること。ストナンやクラナン同様に無視されることも多いので、返事がなくても気にする必要はない。

ただし、送っている内容に問題がないかの検証と返信率が高いメッセージの研究はすべきだ。ストナンやクラナンで声掛けの内容を改善していくように、ネトナンでもメッセージの内容は常にアップデートしていく必要がある。

特にファーストメッセージが重要だ。初心者は何を話せばいいか分からないと思うので、私の実例集を公開する。慣れるまでは丸パクリで良い。コツを掴んできたら、君のオリジナリティを付加していこう。

PCMAXのメッセージ実例

PCMAXでセフレを作る手順|メールからエッチまでの流れを全公開

ハッピーメールのメッセージ実例

ハッピーメールでセフレを作った話|元バンギャのOLとエッチ三昧

ワクワクメールのメッセージ実例

ワクワクメールでセフレを作る手順|セックスまでの流れを詳しく解説

4.アポをとる

ストナンやクラナンで、連れ出しから逆算されたトークを展開していくように、ネットナンパもアポから逆算されたメッセージを展開していくべきだ。詳しくは上記の実例をご覧いただきたいのだが、最初のメッセージからアポ打診までは10往復以内を目安にしたい。

ネトナンにおいても和みは重要なのだが、和みすぎると友達フォルダに入れられてしまう。男女関係を意識させないとアポをとることはできない。和みのあとには恋愛トークをしつつ、盛り上がったタイミングでアポをとるようにしよう。

女は男が思っている以上に口説かれている。恋愛はタイミングが大切だが、ネトナンにおいてもそれは同じ。スピードを常に意識する必要があるのだ。

5.セックスに誘う

ネトナンでは、セックス確定のアポ(セク確アポ)がとれるケースも多いので、直家や直ホテルが珍しくない。

警戒心が強かったり、あまり刺さっていない場合は、飲みなどを挟むことになるが、必ずセックスに誘うようにしよう。無理っぽくてもあっさりいけることも多いし、失敗したとしても経験値が上がる。

無理そうだからとか、断られるのが怖いという理由で、セックスに誘わないで解散するのは絶対にやめよう。時間と金の無駄だ。セックスに誘うことでしか経験は得られない。

まとめ

最後にナンパ地蔵を克服せずにネトナンで100人斬りを達成する方法をおさらいしよう。

100人斬りの最短ステップ

  1. 出会い系サイトに登録する
  2. ターゲットを絞る
  3. 声掛けする(メッセージを送る)
  4. アポをとる
  5. セックスに誘う

これを愚直に繰り返せば100人斬りを達成できる。諦めずに続けるのが重要なのは、ストナンやクラナンと変わらない。

ネトナンは思い立ったらすぐに始めることができる。今日という日を100人斬り達成の第一歩にしよう。

ネトナン師が使っているサービス

その他おすすめのアプリは以下だ。

セフレアプリおすすめランキング