童貞がナンパするのは無理ゲーです。でもネトナンなら余裕で卒業可能

はっきり言いましょう。

童貞がナンパをするのはやめておいた方がいいです。自信を失って女性がさらに怖くなり、童貞卒業が遠ざかる未来が待っています。

童貞に必要なのは自信です。自信がない状態でナンパをしても上手くいくはずがありません。自信を付けるには経験を積むことが大切です。

童貞が女性経験を付けるのに最適な場所。それがネットナンパです。

ナンパと聞くと「道で声を掛ける(ストリートナンパ)」や「クラブで声を掛ける(クラブナンパ)」を想像すると思います。これらのナンパは童貞には無理ゲーです。

でも、ネットナンパ(ネトナン)なら童貞でもできます。いや、童貞こそネトナンをすべきなのです。

童貞にネットナンパがオススメな理由

対面せずに女性にアプローチできる

女性と話すのが苦手だったりしませんか?
ネットナンパならメッセージのやり取りで女性にアプローチができます。対面での会話ではないので緊張する必要はありません。

また、じっくり考えた上で会話ができるので言わなくていいことを口走ってしまう心配も不要です。

失敗しても傷つかない

ナンパに失敗はつきものです。セックスに困らない生活を手に入れるには失敗をたくさんして経験を積むほかありません。

対面のナンパだとダメージが大きいです。無視されたり、暴言を浴びさられたりしたら立ち直れません。失敗というよりもトラウマになってしまうでしょう。

ネトナンであれば失敗してもメッセージの返信がなくなるだけなのでダメージは少ないです。メンタルをやられることなく失敗できます。

ネトナンにはネトナンのコツがあるので失敗も無駄ではありません。経験に変えてアポの精度を高めましょう。

アポが取れたらエッチできる確率が高い

出会い系に登録している女子は彼氏がいないか、彼氏や旦那がいても性生活に満足していないケースがほとんどです。ネトナンでアポが取れたらセックスできる可能性は高くなります。

それどころか、ネトナンならエッチ確定のアポを取り付けることもできるのです。セックス確定アポの取り方は以下の記事を参考にしてみてください。
» 参考:PCMAXでエッチ|とろけるフェラの美容師とセックスした体験談

30代童貞でもネットナンパは有効

定番のナンパスポットでを活動できるのは20代まででしょう。30代で必死にナンパしている男は気持ち悪いと思われがちです。

ネットナンパなら30代でも20代女性を抱けます。30代童貞にもネトナンなら脱童貞のチャンスがあるのです。

モテない男がセックスに困らない生活を手に入れた事例を見てみましょう。

嫁に不倫されたモテない30代男にセフレが!?

嫁の不倫によって離婚した30代の男性がいました。彼が嫁に非モテコミットしたことが原因です。

彼は怒りと絶望を力に変え、ネットナンパに励みました。なかなか結果が出ない日が続いていたもののセックスに困らない生活を手に入れる目標を諦めません。徐々に結果が出始め、20代の女性とセックスすることは難しくなくなっていきました。

彼へのインタビューは以下になります。

30代で嫁に捨てられた僕は絶望していました。自分は恋愛や結婚とは縁のない人間なんだ。自分のことを愛してくれる女性なんてこの世に存在しない。そう思うようになっていたのです。

絶望と同時に怒りも感じていた僕はネットナンパを始めました。「セックスしまくってやる」「元嫁よりいい女を手に入れてやる」というのがモチベーションです。最初は結果が出なかったのですが、この目標があったからこそ続けることができました。

結果、半年で10人以上とセックスをし、元嫁よりもかわいくてエロい20代のセフレを手に入れました。(30代/大阪府/公務員)

セカンド童貞の経験人数が一気に二桁に!?

23歳でようやく童貞を捨てた男がいました。彼は初体験をした彼女と5年間付き合ったのですが、振られてしまいました。セカンド童貞です。

彼は振られたことがきっかけでネットナンパに目覚めることになります。28年間で1人としかセックスをしたことがなかった男が、わずか3ヶ月で経験人数は二桁を突破しました。彼にもインタビューしています。

自分で言うのもなんですが、僕は女性に対して一途でした。「一途=誠実」で女に喜ばれるという勘違いがあったのです。

実際には違いました。「一途=非モテコミット」なので女からは舐められるのです。女はモテる男が好きという事実を知った僕はネットナンパに励むことになります。

運良く最初に出会った女性とセックスできました。そこからは連戦連勝。モテるからモテるというモテスパイラルが生まれました。今では彼女が1人とセフレが3人いてセックスに困らない人生を楽しんでいます。(30代/神奈川県/会社員)

童貞に不向きなナンパ場所

ネトナン以外のナンパ場所は童貞には不向きです。その理由を解説していきましょう。

ストリートナンパ

道端で出会った女に声を掛けるのは最もハードルが高いです。無視されたり、罵声を浴びせられることもあるでしょう。周りの視線も痛いです。ストリートでナンパするには自信と失敗しても落ち込まない強靭なメンタルが必要です。童貞には無理ということが分かるでしょう。

クラブナンパ

クラブはナンパ目的の男女が多いことで知られています。つまり、ナンパ慣れした男女が集まる場所なのです。非処女非童貞しかいません。そんな場所で童貞が女をナンパをしてもバカにされるだけです。

海ナンパ

夏のビーチにはナンパ目的の男女がいます。いわゆるパリピ層です。童貞はいきなりパリピにはなれません。まずはセックスして女慣れする必要があります。童貞がビーチでナンパは無謀な行為です。まずはセックスしましょう。

バーナンパ

バーもナンパの定番スポットですが、大人の余裕が必要になります。童貞に大人の余裕は出せません。セックスをたくさんして自信をつけましょう。バーでナンパするのはそれからでも遅くありません。

カフェナンパ

カフェは若いかわいい子が多いのでナンパのチャンスはあります。ナンパをしやすい雰囲気ではないので周囲の目や冷ややかです。その視線に耐えながらかわいい女の子を口説けますか?キョドって変な汗をかいてしまうのがオチです。店員に注意されてしまうこともあるのでまったくおすすめできません。

ナンパ師たちも元童貞である

ストリートで成果を出しているナンパ師たちも最初はみんな童貞でした。彼らも多くの失敗をしたからこそセックスに困らない人生を送れているわけです。

出会いの定番スポットと言えば「職場、学校、バイト先、友達の紹介、合コン」などでしょう。これらの出会いには限りがあります。女性経験を積むには出会いの母数を増やす必要があるため、通常ルート以外の出会いを確保しなければなりません。

出会いがほぼ無限になるのがナンパ。中でもネットナンパは難易度が低く、童貞や30代の非モテ男性でもセックスに困らない生活を手に入れられる可能性があります。

そのために必要なのは行動し続けること。これさえできれば出会い系でセックスするのは簡単です。

男はみんな元童貞です。諦めずに行動し続ければ童貞は必ず捨てられます。ネットナンパで脱童貞しましょう!

セフレアプリおすすめランキング